膝の黒ずみの消し方にはコツがある!今やってるその方法、間違いかも

脚を出す季節になると、膝の黒ずみってとても気になりますよね。美脚のためには膝が白くツヤツヤしていることも大切です。でも、間違った方法をすると逆効果なんてことになりかねません!私が失敗から学んだ正しい膝の黒ずみ解消法、お伝えしましょう!

膝の黒ずみをケアしたけど取れない!

美脚と言えるためには脚が細いだけでなく、膝が白くキレイなことがとっても重要です。膝ってけっこう目立つんですよね。私の膝、かなり黒ずんでいて、このままではとても恥ずかしい。そこでかなり頑張ってケアしたんだけど、全然黒ずみが消えないばかりか、かえって黒さが増してきた感じです。あわてて原因を調べたら、間違った方法をしていたことが判明。やり方を変えたら、みるみる白くなってきました。ホッと一息、皆さんにはこんな失敗しないでほしいのでその経緯をお話しますね。

黒ずみの原因は?

まずは黒ずみができる原因を知ることで、正しい対策をすることができます。

古い角質が蓄積

膝ってもともと皮脂腺が少なくて、潤いのない部分です。けっこう刺激に弱いんだけど、床に膝をつくとか、日常的に摩擦を受けやすいですよね。それで角質が厚くなったりして黒ずんでしまうんです。ひじが黒ずむのも同じ原理。厚く固くなって蓄積した古い角質が、黒ずみの原因なんです。

メラニンで色素沈着

黒ずみは色素沈着でも起こります。皮膚は刺激を受けると、メラノサイトが活性してメラニン色素が多く生成されます。これが積み重なることで、色素沈着を起こし、黒ずみになってしまうんですね。

私がやって失敗したこと

私が最初にやって、見事に失敗した方法をお話しますね。

スクラブをやり過ぎてさらに黒く

黒ずみは古い角質という知識だけ大きかったので、ともかく「角質を取らなきゃ」とスクラブで一生懸命洗いました。刺激を強く与えてしまったんです。先ほどお話したように、膝は皮脂が少なくてデリケートな弱い部分。そんな場所をゴシゴシとスクラブしてしまったら、ますます角質を厚くしてメラニン色素を増やしてしまいます。真逆なことをしてしまったわけです。

刺激の強いクリームで失敗

黒ずみには手っ取り早く美白クリームがいいと、けっこう刺激の強い美白クリームを塗りすぎました。一般に美白クリームに使われる成分は、美白効果は高いけど刺激が強いものが多いんです。そのため、一緒に保湿もしっかりしないといけないんですね。その辺のことを考慮しなかった結果、肌のバリア機能を低下させてしまったわけです。

まずはスクラブやパックで角質除去

スクラブがダメなわけではありません。古い角質を取る必要に変わりはなく、スクラブやピーリングを行うメリットは高いんです。

効果的な頻度

早く白くしたいからと、やりすぎるのはいけません。頻度は週1回が適当です。スクラブやピーリングは直接白くする作用ではなく、古い角質を取り除いて皮膚の再生を促す方法です。再生した結果、白くなっていくものなので、根気よく時間をかけてケアすることが必要なんです。

おすすめのスクラブ

私が試してみて良かった、おすすめのスクラブをいくつかご紹介しましょう。

【むくみも解消するスクラブクリーム】

モデルも愛用するという「ミネラルレッグスムーサー」 は、マッサージすればむくみも解消するスクラブクリームです。ひざの黒ずみが取れて美脚もできるという、一石二鳥なスクラブ。お値段は張るけど、効果を考えれば納得です。

<ミネラルレッグスムーサー>   5,400円 送料無料  amazon

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%AB%E3%83%9D-%E3%83%9F%E3%83%8D%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B0%E3%82%B9%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%BC/dp/B000FQKT00

【塩でお肌に優しくスクラブ】

無添加でお肌に優しい塩のスクラブです。主な原料は塩とオリーブ油、はちみつというシンプルさで、お肌はツルツル。膝をマッサージするついでに、全身も洗ってみて。シットリすべすべになります。

<星野家の手作りマッサージ塩>  2,500円 送料無料 amazon

https://www.amazon.co.jp/%E6%98%9F%E9%87%8E%E5%AE%B6%E3%81%AE%E6%89%8B%E4%BD%9C%E3%82%8A%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%B8%E5%A1%A9-%E6%98%9F%E9%87%8E%E5%AE%B6%E3%81%AE%E5%A1%A9-950%EF%BD%87-%E3%83%9C%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%96-%E5%85%A8%E8%BA%AB%E7%94%A8%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%AF-%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B9/dp/B004ISPNIE/ref=sr_1_1?s=hpc&ie=UTF8&qid=1479466155&sr=1-1&keywords=%E3%82%BD%E3%83%AB%E3%83%88+%E3%83%9C%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%96

【手作り重曹スクラブ】

コストパフォーマンス抜群の重曹スクラブもおすすめです。医療用の重曹(薬局で300円ほど)とオリーブ油を混ぜるだけ。割合は半々です。膝になじませて  マッサージしてください。入浴の時にやるのもいいけど、そのまま流すとつまりの元になるので、ティッシュオフしてから洗い流しましょう。

重曹とレモンのパックで集中ケア

お休みの日などにパックで集中的にケアするのもおすすめです。重曹スクラブでマッサージした後に、そのまま放置することでパックにもなりますが、漂白効果や新陳代謝の促進作用のあるレモンを加えるのも効果的です。

パックの効果

パックをすることで皮膚を柔軟にし、乾燥から守ります。続けることで厚くなった古い角質を取り除いていきます。

使用の頻度は?

パックも週に1回ぐらいで十分です。やりすぎがダメなわけではありませんが、日々のケアにプラスした特別なケアなので、頻繁に行う必要はありません。お風呂上がりの温まっているときに行うのがベストです。

パックのやり方

パックのやり方は簡単です。次の手順で行いましょう。

  1. 小さじ2の重曹にレモン汁を数滴加えてよく混ぜます
  2. 膝にのせて優しくマッサージしたあと、10分ほど放置
  3. お湯できれいに洗い流します

保湿ケアはしっかりと

私が失敗した理由は、スクラブのやりすぎと保湿をあまりしなかったことにあります。この2点で、膝の皮膚のバリア機能をすっかり低下させてしまったんですね。角質を厚くしないためには、毎日の保湿がとても大切です。

保湿が必要な理由

保湿成分が肌の奥深く浸透して角質を柔らかくし、古い角質が取れるのを助けます。また、保湿を十分にすることでお肌を保護し、摩擦を予防することができるんです。

おすすめの保湿剤

膝の保湿におすすめな保湿剤をご紹介します。

【アットベリー】

黒ずみ専用の保湿ジェルです。膝のほかにも、腕やひじ、顔など全身に使えます。着色料、オイル、パラベンが無添加で、低刺激な処方がされています。コラーゲンやヒアルロン酸などの美容成分がナノ化されて抜群の浸透力。潤いの持続性が他とは全然違います。

<薬用アットベリー>

  • 通常価格6,800円(税抜)
  • 定期コース 初回4,800円(税抜) 2回目以降 5,400円 送料無料

http://www.at-berry.jp/yrs/001/yky/

【スポットホワイト】

お肌にいい美容成分がたっぷり配合された、美白もできる保湿クリームです。肌荒れを防ぐアラントインや保湿効果の高い水溶性コラーゲン、水溶性プラセンタエキスなどがしっかり保湿をしてくれます。メラニンの生成を抑える作用もあるので、黒ずみ対策も一緒にできます。

<薬用バンドネオン(スポットホワイト) >

  • 価格:2,520円
  • 送料無料
  • amazon

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B000RYU9SM/ref=pd_cp_121_1?ie=UTF8&psc=1&refRID=NRG7103A53SP6XCMCZMK

美白ケアも大切

黒ずみを取るためには、角質ケアや保湿のほかに、美白ケアもすれば万全です。

早く黒ずみを取るために

黒ずみを早く取りたかったら美白ケアは必須です。美白用のクリームにはメラニン生成にアプローチするものと肌代謝を促進するものとがあり、成分がそれぞれ違います。

ハイドロキノン

ハイドロキノンは、強力な美白効果があることで注目されている成分です。黒ずみの原因のひとつであるメラニンは、メラニンの元になる物質「メラノサイト」を助ける酵素「チロシナーゼ」の働きで生成されます。ハイドロキノンは、このチロシナーゼの活性を抑えることでメラニンを減らすことができるんです。

また、ハイドロキノンにはメラニンの色素を薄くしてくれる還元作用があります。もともとあったメラニン色素も薄くする作用があるというわけです。

トレチノイン

トレチノインはビタミンA誘導体のひとつで、ビタミンAの50~100倍も活性力があるとされています。肌の代謝を活性化し、ターンオーバーを促進します。これにより、お肌の内部からシミを排出する働きをしてくれます。

尿素

尿素はお肌の水分蒸発を防ぎ、肌の保湿を助ける働きがあります。ハンドクリームに使われていることも多いので、おなじみかもしれません。保湿効果の高い尿素ですが、古くなって固い角質を取り除く作用もあり、皮膚の厚い部分を滑らかにしてくれます。膝を保湿すると同時に角質を除去するので、膝の黒ずみ対策にはぴったりの成分といえます。

皮膚科で治すことはできる?

膝の黒ずみがかなりひどい場合には、病院で治したいという人もいるはずです。そこで、皮膚科でも治すことはできるのか、調べてみました。

ひどい場合にはおすすめ

膝の黒ずみは皮膚科や美容外科、もしくは美容クリニックで対応してもらえます。黒ずみがひどく、自宅ケアではなかなか取れそうにないという場合には利用するのもいいでしょう。医師の指導の下で、正しい治療ができるはずです。

処方される薬

治療には薬の処方がメインになります。処方される薬は、先ほどご紹介したハイドロキノンとトレチノインが多いですが、処方薬は効能が高い分刺激が強い場合があります。膝の黒ずみは摩擦や刺激が原因で起こるものなので、あまり刺激が強い場合には注意も必要です。

レーザー治療

黒ずみ除去にレーザー治療を行うクリニックもあります。レーザーはメラニンを直接壊す特殊な光で、メラニン色素だけに反応するので、他の皮膚組織の損傷なく、黒ずみをキレイにしてくれます。

治療費はどのくらい?

治療費はクリニックにもよりますが、薬代としてひとつ5千円~1万円ほど、レーザー治療は1回1万円前後ですが、1回でキレイになることはまれです。何回か通うことになるので、どうしても高額になります。

名古屋の有名クリニック

名古屋の「エースクリニック」は膝の黒ずみ治療で定評があります。刺激に対して過敏な膝の治療に、レーザートーニングという刺激の少ないレーザーを使った治療を行っています。レーザーをあてることで、メラニンを少しずつ除去していきます。トラネキサム酸のイオン導入などを併用することで相乗効果を図るなど、治療法はいろいろ工夫されているようです。お近くなら相談に行くのもいいかと思います。

エステはどう?

自分でうまくやる自信がないけど、病院に行くほどでもないという人には、エステに通うという方法もあります。

専用のコースもある

エステには膝の黒ずみ専用のコースを設けているところもあります。事前にしっかりカウンセリングを行い、プロのエステティシャンがピーリングジェルでマッサージしてくれます。自宅でのケア方法もアドバイスしてくれますよ。

1回では消えない

ただ、エステで1回施術を受けても、それだけで消えるということはまずありません。何回か通う必要があり、キレイになるまでには数か月前かかると思っていた方がいいでしょう。

成功した人の口コミ

黒ずみを取るのに成功した人の口コミを紹介しますね。

手作りスクラブで白くなった!

オリーブオイル大さじ半分と、

塩大さじ1混ぜ合わせたら、手作りのスクラブが

できますよ☆

私は、このスクラブでよくひじやひざをケアしてますが

定期的に行っていたら結構白くなります!

(引用元:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

塩とオリーブオイルというのもよさそうですね。これだけで白くなるならコスパも抜群です。試してみる価値ありですね。

サリチル酸ワセリンでキレイになった!

私も正座をすることが多く、膝の黒ずみで悩んでいました。皮膚科で塗り薬を処方してもらい、つけていましたが、今ひとつだったので、評判が良いという皮膚科の先生に相談しました。

すると先生が一言『サリチル酸ワセリンできれいになりますよ』

それから毎日朝晩塗り始め、大分黒ずみが取れてきました。

(引用元:www.cosme.net/

サリチル酸ワセリンとは、「サリチル酸」という、皮膚の角質を柔らかくする作用のある成分を配合したワセリンです。殺菌作用があり、ニキビの治療にも用いられるようです。他の方法がダメだったらこちらも試してみたいですね。

毎日の保湿と、時々スクラブとパック。これでだいぶキレイに!

スクラブのやりすぎで、一度は悪化させてしまった黒ずみだけど、やり方を変えたらだいぶ白さが戻ってきて、ほっと一息。毎日保湿しているおかげか、しっとり柔らかくなって、ツヤも出てきました。もちろん週1のスクラブとパックも欠かしません。これでもう、膝を出して歩くのも恥ずかしくない!毎日の少しの努力で、膝は必ずキレイになります!