セルライトはエステに行かないとなくならないはウソ?自宅でセルライト除去する方法があった!

気になる「セルライト」のケアのため、エステに行ってみてもなくならないと、悩んでいる方も多いのではないでしょうか?セルライトは、ダイエットをしている女性には強敵!一日でも早く、ササッと除去させたいものですよね。

セルライトは自力じゃ除去できないはウソ?

よく耳にする事は、「セルライトは、自分では除去できない」という事。エステに行かなければ、除去は難しいと言われてきました。しかし、方法次第で自分でも除去する事ができるのです!そんな方法を、これからご紹介します。

【自宅でセルライト除去法①】最初は足裏マッサージから

足裏からマッサージを始める理由

そもそもなぜ「足裏」なのか、ご存知でしょうか?まず体の緊張をほぐしてあげる事が大事だからです。特に足裏は、ツボがたくさんある部分。ここをプッシュしたりマッサージしてあげる事によって、血流も良くしてくれ、緊張が解けるのです。

足裏マッサージのやり方

まずは足裏全体を、手のひらで包み込み、体全体の体重をのせるようなイメージで押していきましょう。これでまずは、緊張をほぐします。その次に、足裏を満遍なく指圧していきます。これは「温める」事が目的です。

【自宅でセルライト除去法②】ふくらはぎを中心にマッサージ

足全体をほぐしてからリンパを流す

まずは足全体をほぐしていきましょう。特に「第二の心臓」と呼ばれるくらい重要なふくらはぎは、ほぐしてあげる事が大事です。手にオイルをつけて、滑りを良くしたら、足首から膝まで持ち上げるようなイメージで、マッサージします。

体温上昇はマッサージがうまくいってる証拠

マッサージしていると、だんだんとポカポカしてくるかと思います。それは「体温が上昇」している証拠です。体温が上昇していると、血流も良くなっていますので、セルライトを燃やしやすい状態にする事ができているという事です。

【自宅でセルライト除去法③】仕上げにセルライトを揉む

最後にセルライトを揉んでいきましょう。セルライトは、手でつまんだ際に「ボコボコ」としたようなものの事を指します。しっかり揉みほぐしましょう。

セルライトの上手な揉み方

手のひら全体、指の腹でつまみ上げるようなイメージで行うのがいいでしょう。片足10分ほど、行うと効果的です。

力任せにセルライトを潰さないよう注意

しかし、セルライトを潰したいからと言って力任せに行うのはNG。というのも、セルライトは、ダメージを受けている皮下組織です。それはまるで、瀕死の重傷を負っているような組織。強すぎてしまう力で行う事によって、損傷は悪化してしまうと言えるのです。除去方法①〜③を毎日続けましょう。

【自宅でセルライト除去法④】除去クリーム・オイルを使う

おすすめ①プレミアムストレインジェル(バイビー)

価格:2,945円(税抜)

容量:容量不明

URL:http://miralu.jp/product/detail/476

引き締め成分を配合しています。

おすすめ②ホワイトバーチ ボディオイル(ヴェレダ)

価格:2,277円(税抜)

容量:200ml

URL:http://item.rakuten.co.jp/treasurebeauty/10710061/

肌の凸凹が気になる部分に、最適なオイルです。

おすすめ③ボディマッサージクリーム(ビーグレン)

価格:8,035円(税抜)

容量:150g

URL:http://item.rakuten.co.jp/cosme-garden/bg-013/

マッサージで脂肪を細かくしつつ、引き締まったボディラインに仕上げてくれます。

いまさら聞けないセルライトってなに?

そもそも「セルライト」ってどういうもの?という方に、詳しくご紹介していきます。

お尻や太ももにできやすいボコボコ

特にお尻や太ももにできやすいと言われている、「脂肪の塊」です。つまむと、ボコボコとしたものが浮き上がってきます。

その正体は脂肪と老廃物

脂肪なのはもちろん、「老廃物」でもあります。このセルライトを除去しないと、なかなか痩せにくいとも言われているのです。

女性にできやすい

男性よりも女性の方ができやすいと言われています。というのも、男性よりも女性の方が脂肪分というのは多いからなのだとか。

セルライトが除去しづらい理由

医学的には脂肪でも燃焼しにくい脂肪

医学的にも「脂肪」ですら、燃焼しにくいと言われているそうです。よって、「セルライト」となると、さらに燃焼しづらいと言える事でしょう。

皮下脂肪は女性に必要な肉でもある

皮下脂肪というのは、女性にとっても必要な脂肪なのです。なぜならば、皮下脂肪というのは、女性の子宮や臓器を守る大事な役割を持っているのです。もちろん、女性でもよく悩む「冷え」からも守ってくれます。「守るため」にも、脂肪がつきやすい部分とも言えるでしょう。

エステで高額レーザーをする前に自宅で試してみて

今回は、気になる「セルライト」のケアのため、エステに行ってみてもなくならないという方のために、有益な情報をご紹介しました。セルライトはできるだけ、なくしたいもの。だからこそ、しっかりとした知識を身につけておくといいでしょう。